見落としがちな転職のコツ

2019年04月09日

職務要約は完璧じゃなくていい。箇条書きでも記入すべし

“ちゃんと”していなくてOK!

iX転職の登録情報の中には、これまでのキャリアの「職務要約」を入力する欄があります。実はこの「職務要約」、スカウト受信にかかわる重要な項目です。 しかし、「あとでじっくり書こう」と思われるのか、まったく記入しないままの方も見受けられます。あるいは、情報を整理して読みやすい文章にして記入しないと「評価が下がる」と懸念されてのことかもしれません。

ここで一つお伝えしておきたいのは、「職務要約」の内容がそのまま企業に伝わることは基本的にはないということです。この情報は、ヘッドハンターがスカウトをするかどうかの判断材料として使われます。 したがって“ちゃんと”していなくて構いませんし、「理路整然と」「キャリアの一貫性が」といったこともお考えにならなくて大丈夫です。

後々、企業に提出する職務経歴書は必要になりますが、きちんとまとめた職務経歴書を作成するのはヘッドハンターと話した後でよいのです。

自分がしてきたこと、できることを「キーワード」で羅列するだけでもよい

したがって「職務要約」には、あなたがこれまで何をしてきて、何ができる人なのかが分かる情報が入っていれば十分ということです。 見栄えをよくしようとして、長い間何も書かないでおくよりは、短文の箇条書きでもよいですし、キーワードだけでも羅列しておくほうが「スカウトを受ける」観点では有効です。

iX転職に登録されている方はおそらく豊富な経験をお持ちで、さまざまな業務・プロジェクトに関わって来られたことでしょう。 その一つひとつをきちんと説明しようとすれば、そのプロジェクトが立ち上がった背景と目的、組織体制、施策の内容と成果をストーリーとして説明したくなるかもしれません。 もちろん本来はそれが望ましいのですが、時間がない時は、例えば「業務改革プロジェクト」とだけ書いておきましょう。

そうすれば、ヘッドハンターはデータベースの中からキーワードであなたを探し出します。そして、在籍企業名や職種・ポジションと掛け合わせることで、あなたの職務経験のかなりの部分を理解するはずです。

    例えば経営企画なら…
  • ・中長期経営計画策定、事業計画策定、予算策定
  • ・業績管理(月次、年次でのフォーキャスト管理)
  • ・M&Aの戦略策定 ファインディング、デューデリジェンス、条件交渉、クロージング
  • ・新規事業(FinTech領域)の検討、立ち上げ
  • ・組織体制の企画、人員異動・再配置
    例えばマーケティングなら…
  • ・ブランドビジョンや目的、戦略ならびに戦術を策定
  • ・ブランド別の予算(成長率、投資)立案・管理
  • ・ 生産部門・営業部門へのリーディング
  • ・広告戦略、媒体戦略の企画立案

特に、管理系・企画系部門の業務やマネジメントの業務は、業界が違っても基本的なプロセスにそこまで大きな違いはありません。そのため、これくらい大まかな内容でも十分なのです。

一覧を見る