見落としがちな転職のコツ

2019年04月23日

スカウトを受ける可能性を高めるコツ

転職意欲の高いアクティブユーザーがスカウトを受ける傾向に

「転職希望者ありき」でその方に合う求人を探してきて提示する一般的な転職エージェントと異なり、ヘッドハンターは「求人案件ありき」で企業が求める要件に合う人を探します。つまり、企業のニーズに見合う事が求められます。

また、ヘッドハンターのミッションは適任な方を探し出せば終わりというわけではありません。その方を企業と引き合わせて「相思相愛」になってもらって、採用(転職)を成立させるところまでが仕事です。

ですから、「企業のニーズに合致するか」と同じくらい重要な要素として、「その方が今、転職したい気持ちがどれくらい強いか」をヘッドハンターは見ています。

転職意欲が高くアクティブに動いている人こそ、企業と「相思相愛」になれる可能性が高いと考え、ヘッドハンターはアプローチするのです。

転職意欲とはどのようなアクションにあらわれるか

それでは転職意欲が高いとは、どういうことでしょうか。

ヘッドハンターは、「頻繁にiX転職サイトを訪れている人」ほど意欲が高いと判断する傾向があります。こまめに経歴を更新したり、ヘッドハンターとのメッセージのやりとりが活発であると考えられるためです。

そういった人こそ「今、転職がしたい」という気持ちが強く、企業とのマッチングの可能性が高いであろうと見なすわけです。

登録情報内の「転職意向」だけではなく、そういったサイト上の行動にも転職希望者の「転職意欲」があらわれるとヘッドハンターは判断するため、可能な限りこまめにサイトにログインし、経歴をアップデートすることをお勧めします。

一覧を見る