わたしの転職体験談

経営方針・会社運営が異なる方向に
進み始めたことにより、転職を決意

61歳・男性
鉄鋼・非鉄金属加工会社 管理部門責任者・部長への転職
転職前

年収1000万円

太陽光発電事業 管理部門担当責任者・常務取締役

転職後

年収1000万円

鉄鋼・非鉄金属加工会社 管理部門責任者・部長

  • 転職活動期間
    約6カ月
  • 応募した求人数
    5社
  • 登録した人材紹介会社数
    3社
  • 面談したヘッドハンター数
    3名
  • 面接した企業数
    4社
  • 内定数
    2社

転職理由

転職理由は、業績の悪化、経営者の方針転換、意見の相違です。
IPO実現へ動き始めた前職へ入社したものの、入社当時に比べ経営方針・会社運営が異なる方向に進み始めたことにより、転職を決意しました。
元々は大企業に就職し安定を求めるのではなく、自分が短期間で変化を実現できる会社を望み前職に入社したものの、経営層が業績の悪化を跳ね返す努力もせず、大きな目標を捨て個人の意志だけで経営している会社には自分は合わないと感じ辞任しました。

転職活動開始から内定までの経緯

還暦を超えていた事は覚悟していましたが、コロナの影響で内定をいただくまでが長く、想定外でした。
面談した会社以外の事前確認情報も含め感じた事ですが、上場を目指している会社をターゲットに転職活動を行ったものの、上場準備会社と言いながらも意外と会社側の上場に関しての認識が甘く、現状と説明された内容が不一致しており、希望とする会社に巡り合えず苦戦しました。
そのような中、現状を認識し計画実行・実現に向け、強い意志を持つ経営者にお会いする機会が得られ内定を取得できました。今回の転職は、私の年齢からして人生最後の会社選びとなると思い、単身赴任も辞さず就業地を全国に拡大。しかし、地方は通勤に車利用が多く、車を運転しない私としては、通勤手段で紹介していただいた会社を断念する事もあり、残念な思いもしました。

転職活動中の方へアドバイス

転職して何をしたいのか、それが実現できるのかを見極めること。
自分が理想とする会社に巡り合える可能性は低いかもしれませんが、ならば何を妥協し受け入れるのか十分に検討する事が必要ではないかと思います。紹介を受けた面談しただけで浮かれる事がないようにご注意ください。

皆さまのキャリア戦略を
ヘッドハンターがサポートいたします

会員登録