転職ガイド  Step 1 転職活動の準備

転職活動の
タイミングと期間

いざ転職活動をはじめようと思っても、何をどのように進めればいいのか最初はわからないものです。ここでは、活動を始めるタイミングや必要な期間などをご紹介します。

転職活動を始める時期

企業の求人数は、景気の動向に左右されることもありますが、日系企業では1〜3月、外資系企業では10〜12月といった決算期に求人が増え、ゴールデンウィークやお盆など長期休暇の前には減る傾向があります。
しかし、採用計画とは関係のないプロジェクトでの人手不足を補うための募集や、欠員による補充については上記の傾向は当てはまりません。
計画通りに転職活動が進むとは限りませんから、転職活動の開始時期についてはそこまで細かく気にする必要はありません。また、転職エージェントやヘッドハンティングサービスを利用する場合は、希望する退社・入社時期などについて相談することが可能です。

退職してから始めるべきか

働きながらの転職活動は、面接時間の調整や業務のスケジューリングなど負担が大きいものです。そのため退職してからゆっくりと転職活動に集中したい、という思う人も多いでしょう。
しかしその場合は、活動の時間ができても逆に経済的な余裕がなくなってしまうことがデメリットです。活動が長期化すると焦りが出てきて「次の勤務先を早く決める」ことを優先するあまり、本来の転職目的を見失ってしまうケースもあります。
自分の業務量、環境など総合的に考慮して選択しましょう。

転職活動にかかる期間

活動開始から1カ月〜3カ月の間に転職先を決められる方が多いようです。もちろん、満足できる求人を見つけるまでに時間がかかったり、応募する求人が少ないために内定をもらえない状況が続いたりすることもあるので、半年、1年と活動が長期化するケースも珍しくありません。スムーズに転職を成功させるためにも、転職活動の目標期間を設定し、その期間については集中的に活動を行うなど、ご自身の目的や状況に合わせて具体的なスケジュールを立てることをお勧めしています。

アドバイザーからの
コメント
ハイクラス人材の求人は、企業が即戦力幹部や経験豊富なエキスパートとして期待を寄せるポジションであることが多いです。
だからこそ求人の絶対数が少なく、活動を始めてすぐに希望案件と出会えるとは限りません。そのためハイクラス人材の転職活動は長期化する傾向にあり、半年や1年という期間で戦略的に進めることが必要になります。転職活動を始めるタイミングや活動スケジュールは、自分の環境を考慮してよく検討してください。
(元ヘッドハンター 望月 輝)