転職ガイド  Step 1 転職活動の準備

転職サービスの選択

転職活動において企業の求人を探す方法は以下の4つに分類できます。
それぞれのサービスに特徴がありますので、自分に合ったサービスを利用しましょう。

人材紹介

企業との調整を代行してもらえるため、効率よく転職活動が進められる

人材紹介会社によるマッチングサービスであり、人材エージェント、転職エージェントと呼ばれることもあります。転職希望者は人材紹介会社に履歴書・職務経歴書などのレジュメを提出し、求人に関する要望を伝えておくことで、キャリアアドバイザーからニーズにあった求人の紹介を受けることができます。

メリット
応募や選考、面接に関してフォローが受けられるため、効率的に転職活動が進められます。
デメリット
自分のペースで活動を進めたい人にとっては、間にワンクッションが入ることにもどかしさを感じることもあるようです。

ヘッドハンティングサービス

秘匿性の高いハイクラス案件が多く、ヘッドハンターの案件理解が深い

採用企業から預かっている「求人案件ありき」で、企業が求める採用要件に合う人をヘッドハンターが探すのがヘッドハンティングサービスになります。iX転職はこのヘッドハンティングサービスにあたります。

メリット
希少性の高いハイクラス案件の取り扱いがあります。
デメリット
案件によって担当ヘッドハンターが異なるため、同じ担当者にずっとお願いしたい場合は煩雑に感じることもあるかもしれません。

転職サイト

求人探しから企業との交渉まで、自分のペースで転職活動したい人向け

採用企業が掲載している求人広告の中から転職希望者が求人を選んで応募するサービスです。
業界・業種・職種を問わず多くの求人を掲載しているサイトのほか、特定の業界や職種に特化した求人を掲載しているサイトもあります。

メリット
求人数の多さと、自分のペースで転職活動を進められる。
デメリット
転職希望者自身で自分にあった求人を探す必要があり、企業との面接日程調整なども自分で行う必要があります。

リファラル

社内外の信頼できる人脈を介した、紹介・推薦による採用手法

採用企業内で働いている社員の紹介・推薦によって人材を集める採用手法であり、外資系企業を中心に活用されています。

メリット
実際に働いている社員の生の声が聞けること、知人からの情報のため信用性が高くミスマッチが起こりにくいことは大きなメリットと言えるでしょう。ハイクラス向けの求人も少なくありません。
デメリット
そもそも友人・知人が勤務していない採用企業の求人を知ることはできませんし、エントリーすることもできず、狭き門と言えます。

企業の採用サイト

希望する企業に直接アプローチしたい人向け

転職希望者が採用企業のコーポレートサイト・採用サイトにある求人を探して直接応募する方法です。

メリット
「この企業に入社したい」という熱意が伝わります。
デメリット
企業によっては採用に関するページを設けていない場合もあるほか、ハイクラス向けの求人が公開されることはほとんどありません。転職サイト同様、応募や選考、面接に関するフォローを受けることはできません。

どのサービスもメリット・デメリットがあります。自分の環境や仕事状況によっても求めるものが変わってくるでしょう。自分に合ったサービスがどれなのかを吟味し、利用することが大切です。